Welcome

バナナダイエットはもう遅い?

2020年。バナナジュースが大ヒットの兆しを見せているのしっていますか?

☑マツコの知らない世界
☑教えてもらう前と後
☑沸騰ワード
etc.
多くのメディアで特集されている「バナナ」にもう一度目を向けてみませんか。
と言っても、今メディアで取り上げられているのは、「バナナジュース」ですが・・・

その流行の原料となる「バナナ」について、そのパワーを解説していきます!もちろんダイエットにもピッタリな果物です!

そんなバナナ?バナナの健康パワー

そろそろプロテインダイエットに飽きてきたアナタ!

栄養効果の高い食品に切り替えてみるのもありかもしれません!

バナナで筋肉が付くわけではありませんが、代謝UPや便通改善が期待できます。

しかも、それは生で摂ることに意味があります。

というのも、

どんな栄養成分でも「熱に弱い」という欠点が少なからずあるからです。

そんなバナナ?バナナはダイエット女子の最良のパートナー

以前にもバナナダイエットって、ちょっとだけ流行りましたよね??知らない人の方が多いと思いますが・・・そんなバナナの魅力をもう一度広げていきましょう。

バナナの2大巡りUP効果

【むくみ&便秘とはおさらば!】

カリウムで塩分を出す 食物繊維で余分なものを出す
【可食部100gに含まれるカリウム量】

健康にいいと言われるゴボウやニンジンよりもカリウム量が多い。このカリウムは、塩分のデトックスに必須な成分です。塩分の多い食生活にもピッタリ!

【可食部100gに含まれる食物繊維量】

レタスと同じ食物繊維量を含み、果物でこれだけの食物繊維量を持っているのは、バナナが一番。スッキリの要「食物繊維量」をバナナで摂取出来ちゃいます。

さらに美味しいバナナの魅力

  • カリウムには、脂肪燃焼効果もある!
  • バナナにはレジスタントスターチという難消化性でんぷんがある

これらは、

  • ダイエット効果
  • 腸内環境を整える効果

それにより、
女性の美容にも大きく貢献してくれます。

そんなバナナ?バナナは不健康メンズにも優しい

男性に非常に多くなってきているコレステロール値の悪化。生活習慣病?アルコールの摂りすぎ?食の欧米化?様々な要因が考えられます。
【コレストロール値を下げる!】
果物に多く含まれるペクチンが、不健康メンズだけではなくもちろん女性にも効果的!

と言っても、実は、柑橘類の方が「ペクチン」は圧倒的に多いです。

J-stageが発行している栄養学雑誌が公表しているペクチン含有量についてでは、

44種の果実類, 3種の果菜類および3種の種実類のべクチンを定量した結果, 新鮮物可食部に対するペクチン酸カルシウムとしての全ペクチン含有量は, 次のようであった。
1) かんきつ類
4%以上: 温州みかん果皮
3.00~3.99%: きんかんパルプ, ぶんたんパルプおよび果皮, ゆずパルプ。
2.00~2.99%: ぶしゅかん, ゆず果皮。
1.00~1.99%: きんかん果皮, 温州みかんパルプ。
0.99%以下: きんかん果汁, 温州みかん果汁, ぶんたん果汁, ゆず果汁。
2) その他の果実類 2.00~2.99%: ポポー, アボカード。
1.00~1.99%: かりん, いちじく, 赤すぐり。
0.50~0.99%: りんご (紅玉, スターキング, デリシャス, ふじ, インド, 国光), すぐり, バナナ (エクアドル産, フィリピン産, 台湾産), かき, いちご, キィウィ, マンゴー, パパイア, まるめろ。
0.49%以下: 和なし (二十世紀, 長十郎, 幸水), 洋なし, さくらんぼ, プラム, あんず, もも, うめ, クッキンダバナナ, りんご (むつ), びわ, レンブ, ぶどう (キャンベル, デラウェア, ネオ・マスカット, 巨峰), パイナップル。

という結果が出ています。
果物全般、コレストロールの低下に効果があるということです!

そんなバナナ?バナナはアスリートのサポーターにも

【エネルギーチャージに最適な糖の能力】
エネルギーは、糖が分解されてカラダに補給されます。そんなエネルギーを特に莫大に必要とするアスリートにもバナナは貢献してくれます。
実は、バナナには「吸収(分解)されやすい糖」~「吸収されにくい(分解に時間がかかる)糖」を併せ持つという特徴があります。

瞬発的にも持続的にも活躍してくれるバナナは、アスリートにはベストな食事とも言えます。

そんなバナナをいつでもどこでも積極的に

そんなバナナがなぜ今注目を浴びているのか。

sonna banana(そんなバナナ)」というバナナジュースを提供するお店をご存知ですか?
このお店が多くのメディアに取り上げられている「バナナ流行の兆し」を作っています。

バナナをもっと身近に、かつ、健康的に、さらにオシャレに。

しかし!やはりオシャレなカフェというのは、どうしてもコスパが悪くなってしまいます・・・

そこで、提案したいのは自宅でもオフィスでも手軽に「バナナ」を定期的に取り入れていきましょう。という話です。

そんなバナナ?オフィスでバナナがとれる

オフィスでも新鮮なバナナを周りに迷惑をかけずに食べることが出来るんです!しかも、Gacktさんでも有名な『甘熟王』。


1房のバナナって、ちぎったところが黒ずみ、いずれ悪臭と虫を発生させてしまうんですが、そんな些細な壁をオフィスバナナがぶっ壊してくれました!

こんな風に個包装になっているので、いつでもどこでも新鮮なバナナを食べることが出来ます。といっても放置のし過ぎは禁物です!

これでおやつ置換ダイエットをしてみてください!

なぜおやつ置換?

空腹時間が長ければ長いほど、食事摂取時の血糖値が急激に上がります!

これを「血糖値スパイク」と言います。

昼食と夕食の間って長くないですか?これが、血糖値スパイクを引き起こしやすくするんです!特に、ダイエット中の人は間食を我慢します。これが意外と逆効果を招くことにもなりかねないんです。

食事を我慢するときは、間食にも置換にも「バナナ」を活用してみてください!

でも、基本的には、置換ダイエットはあまりおススメしません・・・無理はなるべくしないようにしてください。

目覚めにバナナジュース!手作りで生のおいしさを

1日のスタートの朝。それなのに、最近は朝食を取らない人も結構いるそうです。そんな方には、これだけでもいいので飲んで欲しいです。

必ず変われます!
健康的な毎日とスッキリな目覚め、そして、ダイエット効果も!

朝のすっからかんのカラダに、食物繊維やビタミン・ミネラルなどが豊富なバナナを取り入れることでデトックスを超えるクリーニングをすることが出来ます!

んで、なぜ朝はジュースがいいのか・・・それは細胞を壊すことでより吸収効率を上げてくれます。

そんなバナナジュースを生のバナナと豆乳でジューサーにかけるのが一番のおススメです!

プロテインと一緒に補給出来るので、バナナの効果+バナナの足りない部分を埋めるプロテインで、完璧な朝食に仕上げることが出来ます☆彡


果物の王様「バナナ」で毎日の活力を注入

日本でも一番多く消費されている果物は、「バナナ」らしいです。

手軽に食べられる上に、食べたあとの満足感が「バナナ」にはある気がします。

そして、健康効果もピカイチ☆

だから、一番になれるんですね。

そんなバナナが、この2020年にふたたび脚光を浴びることは間違いなしです!

夏に向けて、ダイエットの波にも時代の波にも乗っかっていきましょう♪

では。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です