Welcome

はちみつでダイエット出来る?質にこだわれば可能!

世の中に出回る安いはちみつ。それをはちみつと信じてはいけない。本物のはちみつはあの価格では絶対に供給不可能です。

そして、あんなに大量に出回る蜂蜜では、健康を害すだけです。

「本物のはちみつ」とはなんなのか。「本物のはちみつ」がもたらす本当の効果とは。

そんな「はちみつ」の魅力に迫りながら、その「本物のはちみつ」をいくつかご紹介していきます。

これを知れば、美容も健康もダイエットも上手に獲得できます。

キーワードは、「完熟」&「非加熱」です。いざ。


完全栄養食はちみつのヒミツ


「本物のはちみつ」はどのように生み出されるのか。まずは、そこから解説。

  1. 働き蜂が日中集めた蜜は巣で羽を羽ばたかせて風を送り、蜜を完熟させます。
  2. 糖度が80度以上になると蜜蓋というもので蓋をして貯蔵します。
  3. 集めた蜜が完熟するまで約10日間という時間をかけます。

では、現代の市販の安いはちみつはどうなのか、と言うと。

  1. 働き蜂は集めた蜜を巣に持って帰る
  2. 巣に持ち帰った蜜を人が取り出す
  3. 取り出したはちみつに加熱処理を施し、糖度を高める

わかるでしょうか。大切な熟成期間を経ずに、時間と手間を省いて、ただ儲けるためだけに作られたのが市販の安いはちみつです。

そんな「にわかはちみつ」を食べても、不健康になるだけです。ただ糖分を摂取しているだけなのですから。

健康にもダイエットにもいいはちみつの本質

本物のはちみつの製造過程を理解したところで、なぜはちみつが健康とダイエットにいいのかをお話します。
キーワードは「オリゴ糖」と「酵素」。どちらも体内環境を整えるのに必要な成分であり、しっかり補給することが困難な栄養素でもあります。

オリゴ糖の役割


腸内環境の鍵を握る「善玉菌」のエサとなるのが「オリゴ糖(詳しくは、厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイトをご覧ください)」。

「だったら、市販のオリゴ糖をそのまま摂取すればいいじゃない?」と思うでしょうが、

実は、市販のオリゴ糖を謡った商品には、少なからず天然にしろ人口にしろ添加物が入っています。

オリゴ糖単体での商品化はとても高価になるだけではなく商品化が難しいという性質もあります。

もともと母乳研究の中でひとつの成分として発見されたもののようですので、そんなものが世にたくさん出てくるはずはないですよね。

人工的に「オリゴ糖」が作られているということでもあります・・・

しかし、そんな「オリゴ糖」を人に必要な量を安心して摂取できるのが「本物のはちみつ」なんです。

酵素の性質


酵素ってよく耳にしますが、市販の商品に配合されている酵素って、ほとんどが死んでるって知ってましたか?

実は、酵素って40℃を超えたあたりからどんどん失活していくんです。

そして、世に出ている商品の大半が、高温殺菌という過程を経て市場に流通していきます。

それは、品質上の観点からとても大切なことなので、仕方ないのですが・・・

ただ、この本物のはちみつは、「抗菌力」がそれ自体にあるので加熱処理をすることなく、

菌検査を合格することが出来るのです。それが理由で「本物のはちみつ」を実現することが出来ています。

本物のはちみつ」には、「活きた酵素が約80種類」もあると言われています。

本物のはちみつとは?

上記で何度も繰り返し訴えてきた「本物のはちみつ」って世の中にあるの?っていう疑問も生じてきますし、

どんなはちみつが本物なのかもわからなくなりますよね。

結論「非加熱&完熟の生はちみつ」こそが、「本物のはちみつ」です。

そんな本物のはちみつ「生はちみつ」をご紹介します。

「非加熱」「完熟」に加え、希少な花と環境から作られたこの「生はちみつ」は、高価のように感じますが、

1日の摂取量からすると非常にコスパのいい健康法だと感じます。一見、いや一食の価値あるこだわりの「生はちみつ」です。


理想的な自然環境で作られた生はちみつ「森羅万象」


無農薬は当たり前!自然のパワー溢れる環境を追い求め辿り着いたのが、ウイグル自治区にある秘境【天山山脈】!

この天山山脈は、

  1. 野生の蜜源
  2. 綺麗な水
  3. 人の出入りがほとんどない
  4. 元気な蜂
  5. 完全無農薬・無化学肥料

という極上の環境を備え持っています。

さらに、この天山山脈にある花でも幻とも言われる花から、「森羅万象」は作られています。

ここでしか咲かない花「タンスン」から作った生はちみつ「森羅万象」

「党参―タンスン―」は、2800mの天山山脈でわずか2週間しか咲かない花です。

こんな理想的な環境で、わずかしか開花しない花から作られたはちみつをさらに、こだわりに仕上げているのが、

完熟」と「非加熱」です。

これは、第1章で述べた通りだが改めてポイントだけまとめてみます。

完熟のはちみつ
人の手をほとんど加えず、蜜蓋がされるまでじっくりと熟成させる。自然熟成による糖度は80℃以上
非加熱のはちみつ
熱に弱い酵素やビタミン類をはちみつが本来持つ抗菌力で守ることで完全栄養食を実現

完熟を待たずに加熱処理を施し、糖度を高めた現代のはちみつには、栄養素はほとんど失活し、糖分としての役割だけしか残っていない。そんな「にわかはちみつ」をどれだけ食べても健康にならないことはおわかりいただけただろうか。


そして、市販のはちみつを購入する人にもう一つモノ申したいことがあります。
「百花蜜」と名付けられたはちみつが数多くあります。ここにも騙されてしまうんです。

「百」の魔力とも言うべきか・・・どこか凄みを感じますよね。でも本当に百種類の花から採取したはちみつというわけではないです。様々な種類の花から採取しているんです、という意味です。つまり、どの花なのかわからないんです。

もし、それがわかるようなら公表すべきだと思いませんか?でも公表しないし、出来ないんです。

それよりも「一つの花」からのみ作られたはちみつの希少さと凄さを少しでも感じてもらえたら幸いです。

はちみつでアクティブで理想的な毎日を

では、タイトルに対する答えを明記していきます。

Q.はちみつでダイエットは出来るのか?

A.質にこだわれば可能

<その根拠>

    1. 完全非加熱の完熟させた「生はちみつ」には、人に必要な酵素と栄養素が活きている
    2. 腸内環境を整えてくれる酵素と栄養素(オリゴ糖など)は、カラダの様々なサイクルを整える
    3. 快通、冷え、ターンオーバー、免疫、などのカラダ正常化は、ダイエットにとって最大の味方であり、必須要素である。

つまり、ダイエットに必要不可欠なカラダ環境を作ってくれるのが、「完全非加熱の完熟生はちみつ」なんです。

簡単に言うと、人間活動において全ての要素を備え持つ食品が「はちみつ」です。

完全栄養食と言われる由縁もそこから来ています。

ただし、市販の安いはちみつでは、その効果も失活していることは明らかです。

モノを見る目を養い、健康への道を歩んでいきましょう。

では。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です